ホームボタン
妊娠している間はホルモンバランスの関係で、

妊娠している間はホルモンバランスの関係で、

妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安な状態に陥りやすく、定期的なリラックスタイムが必要です。ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。

思いきって、クラシック音楽鑑賞や読書に挑戦してみてはいかがでしょう。ママが教養をつけることは産まれてくる赤ちゃんへの教育の第一歩になります。

軽い挑戦のつもりでやってみませんか。



妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、身体の負担が大きい仕事だったため退職しました。仕事を辞める人も中にはいると思いますが、体力的に厳しくなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。



妊娠中は葉酸を取るためのサプリメントを摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。

さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤だけでなく鉄分の多い食材を積極的に摂っていました。

妊娠している時にでべそのようになり不安になる女性も多いものです。胎児の成長とともに大きくお腹が出始めるとお腹の皮膚も引き伸ばされるので、どうしてもおへその窪みも浅くなり、でべそのようになることがあります。
赤ちゃんや子宮が大きくなることで、内側からお腹を外へ外へと押し出してくるのでおへそも外に出てくるようになっても当たり前のことです。

妊娠初期のつわりは人それぞれと言いますが、私はいわゆる食べづわりになり、常に食べていないと気分が悪くなっていました。
脂身や生クリームなどは見るだけで気持ち悪くなりました。


唯一食べられるのはスナック菓子とトマト、パンケーキだけでした。その他の物は食べても気分が悪くなり、結局吐いてしまうことが多かったです。



このような食生活で十分な栄養が取れているか心配でしたが、妊娠初期はそこまで栄養は必要ないので、食べたいと感じるものを食べていればいいのです。


早くこのしんどさが消えてほしいと毎日願っていました。めでたく奥様が第一子を妊娠すると、どうサポートしたら良いのかわからない旦那さんも多いと思います。

最初に出来ることは奥さんと過ごす時間を大切にすることです。妊娠中で不安な奥さんの安らぎにつながります。



妊婦健診にも付き添ってみましょう。お父さんになる心構えが少しずつ出来てきます。ただし、産院は基本的に女性優先、旦那さんは座ることなく隅の方で立っていましょう。ママの妊娠でパパも苦労されると思いますが、ここは妊娠中の方を最優先にして下さい。妊娠中はとても太りやすいです。私は太りにくい体質でいくら食べても太らず、仮に太ったとしても痩せると思い、量を考えず、好きなものを好きなように食べていました。

すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。出産してから一年経ちますが、まだ出産前の体重には戻せていません。



やっぱりお医者様にいわれるように、栄養にも配慮しながら食事制限をし、適度な運動も欠かさないことが大切だと感じました。妊娠までの道筋を知ると、小さな命を得るということがどんなに奇跡的なことかが分かります。妊娠が可能な期間は実は排卵からたった24時間と短いのです。



毎月の生理周期を女性は記録しがちですが、妊娠するために大切なのはいつが排卵日か、です。たとえ毎月生理がきていても排卵をしていなければ妊娠は望めません。子供を欲しいと考えるなら、はじめに排卵日の周期を調べることから始めましょう。妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。


ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静さを失って危ない行動に出たり、穏やかな気持ちで過ごせなくなります。

すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。


あまりナーバスになってもいいことはないですが、穏やかに出産当日を迎えられるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。


妊娠するとこれまで以上に太りやすくなるので、体重管理のためにも程よく運動を取り入れる必要があります。
体調が良い時にはウォーキングと称してお散歩に行くのも良いですね。

マタニティビクスに参加するのもよいものです。妊娠中の運動は必要なことですが、だからと言って体に無理をきたすような運動は絶対にいけません。


「ちょっと疲れが抜けにくい」や「体調が中々良くならないな」運動をやめて休むようにしましょう。


体の負担にならないほどの軽い運動がちょうど良いのです。妊婦生活中で気をつけたい事は、食べ物や栄養に気をつけることです。
栄養が赤ちゃんは自分でとることが出来ないため母親からもらいます。


なので気をつけなければなりません。

ダメなものの中でカフェインがあります。

カフェインを含む飲み物は控え、お酒やタバコは控えなければなりません。
そして、コンビニにあるカップ麺などのようなインスタントは塩分が多かったりするので控えてください。



食事は家庭的なものにすることが大事です。
フルーツなどビタミンが多い食べ物もいいですよ。
Copyright (C) 2014 葉酸サプリ妊娠前から飲む理由を解説 All Rights Reserved.