ホームボタン
妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにし

妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにし

妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。すると、母体に余計な負担をかけることになり、更に胎児にも悪影響を与える可能性があります。出産は命がけの、人生の一大イベントです。

あまりナーバスになってもいいことはないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。



自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。赤ちゃんに恵まれたということは非常に嬉しいことだと思います。妊婦健診では超音波による検査をしますよね。



赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、赤ちゃんの性別を知ることもできます。赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。望んでいた性別と違っても、がっかりしないで下さいね。

産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。

妊娠している間はとにかく肥えやすくなります。この前、夫婦二人きり最後の旅行に出て、全力でハメを外し、美味しいものも大量に食べました。家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。
2日で3キロも太るとは思いもよりませんでした。
妊娠前は食べ過ぎても翌日食事制限をすれば簡単に戻りましたが、妊娠中はそうではありませんでした。ご飯を食べなくても痩せないのです。
必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、赤ちゃんの為に頑張らなければなりません。妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。常にお腹を冷やさないように注意すること、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。適度に運動するのはいいが全力で走らないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。いづれも妊娠中は皆が言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。お腹の赤ちゃんに、優しい言葉をかけてあげること。優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠するということは奇跡と言えるんだと感じました。



私の子供は二人とも、妊娠を望んだらすぐに授かり、そして自然妊娠でした。

これは、決して当たり前ではないと思っています。

妊娠から出産までは人によってばらばらですが、私もつわりに苦しめられ、また生まれ持っての体質だと言われていましたが、お腹の子が普通より小さかったため、自宅安静を強いられ、不安な毎日を過ごしていました。妊娠さえすればOKではなく、ちゃんと出産する日まで、気を引き締めておかねばと思っています。


妊娠中は食べるものに注意しましょう。

ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形になる可能性が高くなるという事で、ビタミンAが豊富なレバー等を私は控えました。
特に妊娠初期の細胞分裂が激しい時期は特に気にかけた方が良いようです。ウナギはビタミンAを豊富に含み、妊娠中に摂ることができるビタミンAの限界量にほんの一口でたっしてしまう程でした。

意外と知らない方もいらっしゃいますが、会社員などが勤め先で健康保険に加入しているのなら、組合から給付金を受けることができる制度があります。
被保険者であるマタニティーママが、出産前後の一定期間に仕事を休み、その期間に給料の支払いを受けていない場合は、出産日より42日前から出産日から56日後の期間が出産手当金の支給対象期間となります。

休業1日につき出産手当金も金額は、標準報酬日額の3分の2相当額が支給されます。


初妊娠の喜びのまま、仕事はすぐに退職してしまいました。



退職したのはいいが、毎日暇を持て余すようになりました。仕方がなく友人と外食する事が多くなり気付けばお金は減るし、更に体重が増えすぎたため検診で指摘されてしまいました。つわりも重くなく普段通りの生活ができたので、仕事も適度にしながら妊娠期間を過ごしておきたかったと思いました。

妊娠中はどうしても甘いものが欲しくなります。実際、妊娠前は欲しいと感じなかった大福やあんみつが常に欲しくなりました。



ただ体重管理も必要です。



少し運動してから間食するようにしていました。
体重管理と無事出産を迎えるため、一日一万歩を目標に歩いていました。

ですが歩きすぎも体に負担をかける可能性を高めるため、ほどほどにしましょう。


妊娠している間は体重は増えやすくなります。

基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、もし太ってもまたすぐに痩せると思い、好きなものを好きなだけ食べていました。
すると気が付けば15キロも太ってしまい、普段の家事ですらかなり大変でした。
もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。やっぱりお医者様にいわれるように、栄養のことをちゃんと考え、食事にも気を付けて、運動をすることが大切だと思いました。
Copyright (C) 2014 葉酸サプリ妊娠前から飲む理由を解説 All Rights Reserved.