ホームボタン
妊娠するということは、妊娠の仕組みを知るとどれ

妊娠するということは、妊娠の仕組みを知るとどれ

妊娠するということは、妊娠の仕組みを知るとどれだけの奇跡かが理解できます。
生理周期のうち妊娠しやすい日はとても少ないのです。妊娠したい女性は生理を中心に周期を計算しますが、妊娠するために大切なのはいつが排卵日か、です。
たとえ毎月生理がきていても排卵をしていなければ妊娠の可能性はありません。

赤ちゃんが欲しいのであれば、まずは排卵日を中心とした周期を知ることが重要です。

妊娠中は妊婦検診での経過に問題がなければ、医師から軽い運動を勧められる事があります。
赤ちゃんを産み落とすのにとんでもない体力を消耗するので、妊娠中こそ体力を付けておかなければならないのです。
同時に、増えやすい体重をコントロールする目的もあります。しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど安静であるよう指導が入っている人は、医師の言い付けを守りましょう。



間違っても、運動は妊婦検診の経過が問題ない人が行うものです。23週で子宮頸管無力症と診断され、24週目で頸管縫宿術を受け、自宅安静中で現在34週目です。


いわゆる正産期まで日はありますが胎児も2000グラムとすくすくと育ってくれて早産の可能性はまだ残るものの、産休に入ったので、ゆっくり過ごせています。
ブログやネットなどで同じ切迫早産や頸管縫宿術を経験された方のお話で勇気付けられています。
このまま無事に元気な赤ちゃんを産めるよう、あとわずかの妊娠生活を楽しみたいと思います。


妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。
ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静に物事を判断できず危ない行為をしたりゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。


そうなると、お母さんの体に負担がかかり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。


出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。過敏になりすぎるのも良くないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。


妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。



ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静になれず危ない行動をしてしまったり、穏やかな気持ちで過ごせなくなります。


そうなると、お母さんの体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える可能性があります。

出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。


あまりナーバスになってもいいことはないですが、身も心も準備万端で出産にのぞめるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。

妊娠中にお勧めなのが、マタニティスイミングです。特に妊娠後期、お腹が大きくなって歩くのもきつくなってくるので、水の中での運動はとても気持ちがいいものです。
もちろん、かかりつけ医師に相談してください。

身体が浮力で軽くなり、楽に動くことができます。同じ状況の方ばかりでお互いの気持ちを分かり合えますし、赤ちゃんが産まれたらベビースイミングに通えば、またお付き合いが広がるでしょう。

初めての妊娠って、分からない事が沢山あるので、不安に襲われる事も毎日と言っていいほどありますよね?快適なマタニティーライフを過ごすためにゆったりとした気持ちの維持を心がけましょう。母親のあなたが不安なのではお腹の中で一生懸命頑張って生きようとしている赤ちゃんが不安になるでしょう。

また、お腹が大きくなってくると腰や足の付け根の痛みに悩まされる事があります。

自分にあったタイプの腹帯やサポートベルトを腰に巻く事で腰痛が楽になります。

初妊娠の喜びのまま、仕事はすぐに退職してしまいました。退職してみたものの、毎日がヒマになってしまいました。仕方がなく友人と頻繁にランチに出て出費を増やしてしまい、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。
つわりも重くなく普段通りの生活ができたので、仕事も適度にしながら妊娠期間を楽しめばよかったなと思いました。



ホルモンバランスが変わるため、妊娠中は精神が不安定になりがちで、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。

そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、ゆっくりと読書に励んでみてはいかがでしょうか。母親が教養をつけておくことは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。
肩肘張らずにトライしてみませんか。


妊婦生活で一番大切なことはストレスを抱えず穏やかに過ごすことです。

でもつわりなどの症状で気分が落ち込んだり、身体が思うように動けず怒りっぽくなりがちです。そんな嫌な気持ちをあげるために、外食しに行ったり、赤ちゃんのグッツを見ながらショッピングしたり、晴れてる時はお散歩したりして負担に体がならない程度に外に出かけてリフレッシュすることがいいです。
Copyright (C) 2014 葉酸サプリ妊娠前から飲む理由を解説 All Rights Reserved.