ホームボタン
妊娠って奇跡的なことだと思います。

妊娠って奇跡的なことだと思います。

妊娠って奇跡的なことだと思います。

赤ちゃんができたということは本当に嬉しいことですよね。



妊婦検診では超音波検査をしますよね。

赤ちゃんの成長を診るためのものですが、赤ちゃんの性別を知ることもできます。
赤ちゃんがどちらの性別か気になる人も多いと思います。


もし希望通りの性別でなくてもがっかりすることはありません。

我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。妊娠している間は、妊娠する前の自分の体とは違うということを意識しなくてはなりません。特に妊娠して最初の頃はお腹も小さく外観の身体変化がなく、妊娠以前と変わらず行動してしまう事が多いです。



しかし妊娠初期の頃は赤ちゃんの体の基礎となる大事な部分を作る時期です。たとえ体調が良くても、無理をしないようにしたいものです。
安静を心がけて、小さな変化も見逃さず、少しでも体に変化があるときは休めることが大事です。
妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと重労働を余儀なくされる仕事柄、退職を決意しました。


退職という選択を取る人も多いと思いますが重労働、体の負担にならなければ仕事を続けるという選択肢もあると思います。



妊娠している間はサプリメントで葉酸を補うよう先生からすすめられたため摂取していました。また貧血だったので処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を食べるよう意識していました。私は40歳直前での高齢出産だったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。


やや太り気味と言われていたので、体重管理を第一に気を付けるよう言われました。しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、食べづわりだったため、一日中何かを食べていました。
すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。



ですが、陣痛がきてからは1時間弱であっという間に産まれましたので、総合的には優秀な妊婦だったと自負しています。

初の妊娠がとても嬉しくてすぐに仕事を退職しました。


退職したのはいいが、毎日がヒマになってしまいました。
やる事が無く友達などとしょっちゅう外食に出てはお金を使い、体重の増えすぎを検診で指摘されてしまいました。
つわりも重くなく普段通りの生活ができたので、適度に働きながら妊娠ライフを過ごしておきたかったと思いました。


妊娠中はすぐに体重が増えてしまいます。私は太りにくい体質でいくら食べても太らず、仮に太ったとしても痩せると思い、好物を気の向くままに食べていました。しかし、最終的には15キロも太ってしまったので、料理、洗濯など、日常の動きがとても大変でした。
出産してから一年経ちますが、まだ出産前の体重には戻せていません。やはり一般的に言われている通り、栄養のことをちゃんと考え、食事にも気を付けて、適度な運動も欠かさないことが大切だと感じました。私が切迫早産の診断を受けてから注意したことは何より体を冷やさない、という事でした。
どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷たいようであればレッグウォーマーも履きました。もちろん素足でサンダル履きは厳禁です。
冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを入れていました。



暑い日、冷たい飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや暖かい飲み物ばかり飲んでいました。私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。少し体重が基準より重くなっていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。

あっという間に20キロ近く増加し、足は象のようにむくみ、妊娠中毒で入院一歩手前までの劣等生妊婦でした。でも、出産は1時間もかからずあっという間でしたので、総合的には優秀な妊婦だったと自負しています。

いまひとつ認知度が低いのですが、仕事をしているママで入る健康保険に加入していた場合、協会けんぽなどの健康組合から出産の為に休職していた期間を対象とした出産手当金の給付を受けられる制度があります。保険に加入しているママ(被保険者)が、出産に際して仕事を休み、その間が無給である場合に、「出産日より前の41日」+「出産当日」+「出産日より後の56日」の期間で出産手当金が支給される仕組みです。



出産手当金は、仕事を休んだ期間1日につき標準報酬日額の3分の2となります。妊娠も35週目に入ると、妊娠後期も中頃で、のこり1カ月で出産となるタイミングです。
妊娠からこの頃までの身体は、受精した卵子を安全に成長させられるよう制御されていましたが、これから後は、出産に向けて、徐々に変化が起きてくる時期となります。それだけ身体に無理をかけてしまうと早産につながってしまう可能性があります。
Copyright (C) 2014 葉酸サプリ妊娠前から飲む理由を解説 All Rights Reserved.